【必見】東南アジアの旅行での持ち物

旅行

こんにちは。

今回は東南アジア旅行をする上での必需品を紹介します。

僕は、これまでに100回近く海外に行ってきました。

時にはホテルの設備に対する不満。時には、こんなのあったらいいなと思うことがよくありました。

そんな僕が、本気でおすすめしたいものを厳選しました。

■マネークリップ

海外では、かさばるお財布を持ち歩きたくないので、マネークリップを愛用しています。

当日使う分+クレジットカードをマネークリップに挟んで持ち歩きます。

これで十分に身軽になれますし、最悪スリにあってもお金だけの盗難で済みます。

海外で財布を無くすとゲームオーバーで、戻ってくる確率はほぼないです。

財布を無くすリスクを極力減らすためにも、財布はホテルの金庫において、マネークリップでの移動がおすすめです。

 

■変換プラグ

海外では、日本と違い、コンセントの形状が違います。

日本と同じ形状は、アメリカと数か国ぐらいしかないと思います。

やはり、日本はアメリカの影響を濃く受けている国なんだということが、こんなところでも実感できますよね。

という訳で、残念なことに、日本で買った電化製品を東南アジアのホテルでそのまま使いことはできません。

そこで、コンセントの形状を変換するプラグが必要になってきます。

今回紹介したものは、これ一つあれば150か国以上のコンセントに対応できるもので、旅行をする上でぜひとも用意しておいて損はないものです。

購入してからかなり立っていますが、不具合が出たことは一度もないので、耐久性もばっちりです。

コンセントの変換の他に、USBプラグもついていることがポイントで、これだけあればスマホの充電も複数台同時にできてしまいます。

さすがに、複数台同時の充電だと時間がかかりますが。。。

という訳で、海外旅行をする際には、1個あると便利です。

Amazon

 

■延長タップコンセント

これは、ちょうどいいサイズの延長タップです。

海外のホテルでは、枕元に電源がないことがよくあります。携帯やゲームを充電したい。でも枕元にないから寝ながら充電しつつ電子機器がいじれない。って時がよくあります。

それを解消してくれるのが、この延長コード付きのコンセント。

複数たこ足ができるタイプなので、携帯とゲーム。

さらには、一緒に来た人の電子機器だって充電することができます。

先に紹介した変換プラグとの組み合わせは最強で、どこにいても充電することができます。

しばらく使っていますが、コードに余計な熱を持つことなく使えています。

 

Amazon

 

■耳栓

これは、僕にとってはマジで重要です。

友達との相部屋でとることが多いのですが、神経質な僕は相方のいびきがうるさいと眠れません。

特に、海外だと疲れ切っていたり、お酒を飲むことも多くなるので、いびきをかいてしまうケースが多いでしょう。

一緒に旅行をしている人に、いびきがうるさいから寝ないでって言えないですしね笑

また、飛行機で寝る時にもおすすめです。子供が泣き止まないケースも多くあると思いますので、そんなときは耳栓をそっと挿入して何事もなかったように過ごすことにしています。

あとは、集中したいときにもおすすめです。本を読む時などは、これをすることで集中して読書をすることができます。

Amazon

■圧縮バッグ

これも最近使い始めたんですが、荷物の容積を減らすことができます。

僕は、普段は40L程のバックパックで旅行をするので、荷物の容量削減には工夫をするようにしています。

なるべく小さくたたんだり、そもそも小さいものを持って行くようにしたり、断捨離したりと、荷物の容量削減に努めています。

そんな折、Amazonで偶然見つけたのが、上記で紹介した圧縮バッグです。

この圧縮バッグがあればかなり容量を削減できます。

紹介ページには最大50%削減と書いてありますが、僕が使用した感じ、30%程度ぐらいでしょうか。

また、秀逸なのは、空間が仕切られているので、汚れていない洋服と汚れている洋服を分けることができる点です。

普段は、ビニール袋に汚れた服を入れて保存していたのですが、少しみじめな感じがしていました。

これを使うようになってからは、こちらの仕切りをうまく使っています。

Amazon

以上、東南アジアの旅行に持って行きたい持ち物でした。

自分なりの便利グッツを見つけて、快適な旅行ができるといいですね。

 

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました