【必見】週末で行けるおすすめ旅行先6選!

旅行

今回は、週末で行ける海外旅行先のお話です。

週末や、週末+月曜日を含めた3連休で行旅行できる場所を紹介していきます。

僕は、月一で海外旅行をしていた時期もあり、そこそこの週末トラベラーでした。

木曜日の夜発、月曜日の朝帰り、そのまま出社なんてのもやってたりしました。

疲れますが、それ以上に海外に行きたい欲求が上回っていたので、問題なかったですね。

■1泊2日

一泊二日であれば、日本から近いアジアの国が対象です。

韓国や台湾が手軽に旅行できる範囲でしょうか。

無理をすれば、バンコクやシンガポールにも行けますが、行って帰ってくるだけ感が半端ないので、あまりおススメできません。

【韓国】

手軽なのは、韓国ですね。昨今の日韓関係問題もありますが、距離的には身近な外国です。

ソウルやプサンであれば日本からの航空便が充実しています。

韓国でできるメジャーなことと言えば、

・カジノ

・ショッピング

・グルメ(食べ歩き)

でしょうか。あとは、観光地に行って一通り観光ですかね。

カジノにハマりすぎてしまって、お金の使い過ぎには注意してくださいね。

ショッピングは、免税店であればヴィトン、バーバリー、カルティエなどの一流ブランド品が安く購入できますので、旅行のついでにのぞいてみてもいいかと思います。


【台湾】

こちらも、日本から近い海外です。日本が統治していた時代もあり、個人的な感想としては、日本の地方都市に近いかなってな感じですね。

ベースが暖かいのと、夜市があったりするので、東南アジア感があります。

街歩きだけでも十分楽しめますが、千と千尋の神隠しのモデル地となった九份もあるので、ノスタルジックな雰囲気も楽しむことができます。

台湾のメジャーな食べ物と言えば、小籠包です。日本でおなじみの鼎泰豊だけでなく、台北市内にはガイドブックに載っているような名店もあります。

最近は物価も上がってきましたが、日本の5割ぐらいで食べることができます。

ちなみにですが、僕のおすすめは明月湯包というお店で、普通の小籠包よりもスープがかなり多めに入っており、めちゃくちゃジューシーです。

あと、餃子やチャーハンもおいしいですので、ぜひ試してみてほしいですね。

■2泊3日

【上海】

上海は昔、外国の租借地であったこともあり、洋風建築をいたるところで見ることができます。

建築がお好きな方であれば、これを見て回るのも面白いかと思いますし、その建築がホテルとして使われているケースもあるので、宿泊するのもいいと思います。

上海の浦東空港から中心街(と言ってもはずれの方)へは、リニアが開通しているので、リニアを体験することもできます。

外灘や豫園といった観光地に行けば、上海に来たという実感がわきます。

また、地下鉄で南翔に行けば、小籠包を楽しむことができます。

南翔には、小籠包のお店が多くありまして、あと、爆安です。

列ができれているお店を選べば、ハズレはないかと。

【グアム】

手軽に行けるビーチリゾートとして有名なのが、グアムです。

昔は、日本からの直行便も多くあったのですが、今はJALとユナイテッドあとはLCCが飛ばしているぐらいですね。

10年ほど前であれば、4泊5日で2万円とか、3万円とかのツアーがあったんですが、今ではデルタなどの運休影響やその他航空会社の減便影響もあり、値段は増加傾向ですね。

グアムでは、きれいなビーチを楽しむことができます。

マリンスポーツが充実していますので、楽しんでください。

ただし、日差しはめちゃくちゃ強いので日焼け止め対策はしっかりすることをおすすめします。

ビーチ以外には、恋人岬に行くとか、免税店で買い物するとか、そんな感じですね。

僕的には、ビーチに寝そべって、ビールを飲みながら海を眺めるのが好きです。

最高に贅沢な時間の使い方ですね。


【セブ島】

 

東南アジアのセブもおすすめです。ただし、2泊3日程度では少しもったいないかもしれません。4泊ぐらいして、ビーチに行って遊んで、ご飯を食べてお酒を飲んだり、カジノもできます。

シュノーケリング、アイランドホッピングなどマリンアクティビティが一通りそろっているのと、有名なのは、ジンベイザメと一緒に泳ぐことができるツアーもあります。

そんな経験ができるのはセブぐらいしかないのではと思っています。

あと、セブの治安は少々悪いので、夜はあまり街を出歩かないようにしましょう。

移動は、タクシーよりもグラブを使いましょう。

たまに、高額な運賃を吹っかけてくるヤカラがいるので、タクシーは使わない方がいいです。

【香港】

最近は情勢が悪いのでおすすめできませんが、個人的におすすめしたい地域です。

物価も高くなってしまったので、以前ほどお得に旅行することはできませんが、それでも香港には魅力が詰まっています。

高層ビル群、人種の多様さ、現代的なショッピングモールだけではなく、古めかしいチョンキンマンションのような場所もあります。

テーマを、カオスを体験しに行く旅、いや、カオスを楽しむ旅として、街あるきをしてほしいと思います。

少し足を延ばせば、マカオにもいけるので、世界遺産を観光するのもありです。

食事もおいしいので、困ることもないと思います。



今回は、週末に行ける旅行先をピックアップしました。

ぜひ、週末旅でリフレッシュしてください。

おすすめがあれば、教えていただけると幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました