【必見】ベンジャミンステーキハウス 六本木

グルメ

先週、BENJAMIN STEAK HOUE(ベンジャミンステーキハウス)六本木に行ってきましたので、そこでの内容をレポートします。

1.場所

「Roppongi」と書いてある、有名な交差点を北に行ったところにあります。

僕がお店に行ったのは、金曜日の午後7時すぎぐらい

その時間は結構人が多かったです。

日本人だけでなく、白人を中心とした外国人も六本木の街を割拠していました。

そのシーンだけを抜き取ると、日本なのに、インターナショナル地区だと感じしたね。

カジュアルな外国人と、スーツ姿の日本人、外国人と、派手目な女性で構成されています。

それは置いておいて本題に入ります。

2.食事の内容

今回は、コース料理を食べてます。内容は以下です。

なお、この日は、一人15,000円のコースをオーダーしてます。

■ウェルカムドリンク

シャンパン、ビール、ワインから選択できます。

僕は、シャンパンを選びました。そのあとはビール2杯を飲んでいます。

■パン

クルミともう一種類のパンがでてきました。暖かく味も抜群でしたね。

■前菜

3種類の前菜がワンプレートになって出てきました。

すみませんが、名前を忘れてしまったので、マグロをダイス状にカットして固めたもの(マグロのタルタルっぽい名前)、大きな蒸し海老、バッファローモッツァレラチーズとトマトの3種類です。

どれもおいしかったんですが、蒸し海老は少々独特なお味でしたね。

タイで出てきそうなお味です。レモングラスっぽいのかな?

■スープ

スープは、ロブスタービスクです。

ロブスターの風味がしっかり感じられ、かなり濃厚な味でした。

初めて飲んだスープで、ロブスターとバターの風味が相まっていて、とてもおいしいのですが、甲殻類系のつよい味があまり好きでない僕にとっては、普通よりおいしいかなぐらいの感じでした。

なお、一緒に行った友達は、甲殻類系が好きなので、とても幸せになれる一杯だと言っていました。

なお、身も少しだけ入っています。

■ポーターハウスTボーンステーキ

でました!!メインは、Tボーンステーキです。

出てきた瞬間、デカさに圧倒されますね。

うまそう!!

さらに、視覚に訴えかけるだけではなく、うまそうなにおいが鼻に伝わってきます。

Tボーンステーキは、T字の骨の両側に、サーロインとヒレが堪能できるステーキです。

今回は、ミディアムレアをオーダーしたので、外はカリカリ、中はレアな状態でサーブされました。

お店のウェイターさんが、手慣れた手つきで、

ステーキ(サーロインとヒレ)、それからマッシュポテトとスピナッチ(ほうれん草)、ブロッコリーを取り分けてくれました。

なお、ブロッコリーは追加でオーダーしてます。

ステーキには塩味がしっかり効いて、さらにバターソースが十分に絡んでいるので、ステーキソースいらずだとのことでした。

なお、テーブルにはステーキソースもあり、お好みで使えます。

まずは一口、サーロインからいただいたのですが、しっかりと熟成されたにおいと肉本来のおいしさ、少ししょっぱめな塩味と濃厚なバターが絡んでめちゃくちゃうまかったです。

そして、外はカリカリで表面以外は柔らかくおいしかったです。

マジで至福の時でした。

余談ですが、ビールはブルックリンラガーがラインナップされてたので、ステーキを食べながらビールを飲んでました。

最高の瞬間ですね。

特筆すべきは、スピナッチです。

クリームを使っていないとのことで、代わりに小麦粉とバターを使っているとのこと。

まるで、クリームを使ったかのような滑らかさと濃厚さが堪能でき、そして、クリームレスなのであっさりしています。

ウェイターさんが当店一番のおすすめ品と言っていたのも頷けるお味。

僕は人並みに食べる方なのですが、

ステーキの量は、一人分で300gとのことで、パン、前菜、スープとこなしてきたお腹はすでに限界を突破していました。。。

■デザート

デザートには、クリームブリュレとバニラアイスがでてきました。

こちらもおいしくいただきました。やはりアメリカンな味付けなので、とても甘かったです。

個人的には、もう少しだけ甘さ控えめだと嬉しいかな。

■感想

以上が、コースの内容です。

前菜からスープ、メインの肉、デザートと、僕的にはとても満足できる構成になっています。

これと、デザートを食べる際に、コーヒーか紅茶をドリンクとして選べます。

店内のインテリアもおしゃれにまとまっていて、会食している方やカップルでディナーを楽しんでいる方、会社の同僚ときている方、女子会に使っている方など様々でしたね。

ぜひ、興味があれば行ってみてください。

では、以上になります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました