コスパよく旅の計画を立てる際のポイントとは

旅行

パッケージツアーに頼らない、旅行プランの立て方

パックツアーよりも自由度のある旅行がしたい。パックツアーがよりも個人的にツアーを組んだ方が安いんじゃないの?

今回は、コスパよく旅の計画をするためのポイントを記載しました。

次はパリに行きたい!今度の連休はニューヨークに行く!

というように、あらかじめ決まった場所があればいいのですが、

漠然とビーチリゾートに行きたい!など、行先のジャンルだけ決まっていて、目的地に迷っているケースってありますよね。

幸い、僕ら日本人は、先人のおかげでビザなしで渡航できる国ばかりです。

特に、東南アジアであれば、特殊なケースを除いてビザがほぼ不要です。

ベトナムなどは、決まった期間内の再入国に制限を設けているなど、こまかいルールはありますが、基本的にはビザは不要です。

今回は旅行先の決め方について記載します。

■まずは、滞在できる日数を確認する

当然ですが、滞在できる日数により、行ける場所に限りがあります。

一般的には、

・韓国/中国:2日

・グアム/サイパン:3日~

・東南アジア:4日~

・ヨーロッパ/アメリカ:6日~

が最小の旅程だと思います。

昔、僕は0泊2日でバンコクに行っている友達や、1泊3日でシンガポールに行ったという友達の話を聞きましたが、とても体力的にキツそうな旅行をしていたので、あまりおススメしません。

■旅行のコンセプトを決める

今回は、友達との2人旅。

ビーチを堪能するというコンセプトのもと、旅行先を決めていきます。

水曜日~金曜日の5日間、多少きつくても、移動の飛行機(航空券)は安めに、ホテルは水準以上にステイ。現地ではそんなにケチケチしないとのコンセプトに設定しました。

■滞在日数から、3つ程度気になる旅行先を選ぶ

旅先がわからないということであれば、旅行会社のホームページを見れば、行先の参考になりますね。JTBやHISなどのホームページを確認すれば、画像も多いので旅行先のイメージがわきやすくなります。

というわけで、日本人にメジャーなスポットから選択することにします。

今回は、プーケット、バリ、セブの3つを候補にします。

というのは、メジャーなビーチリゾートであれば、シュノーケル、パラセーリング、バナナボートなど、一通りのレジャーがそろっているので、現地に行って楽しめなかったという経験をしなくて済むかと思うからです。

それぞれの地域の特徴としては、

・プーケット:欧米人多めで夜遊びが楽しめる。またタイ料理が楽しめる。

・バリ:ビーチは劣るものの、大自然が楽しめる。エスニックな料理が楽しめる。

・セブ:海のきれいさは抜群。カジノも楽しめる。

 

■次に、その旅先の費用感をざっくり見積もる

見積り方はこうです。

  1. Skyscannerを使って、目的地までの航空券を検索します
  2. 現地の宿泊費をざっくり把握します
  3. 現地での滞在費をざっくり計算します

検索した値段を表にしていき、合計金額を出します。

 

■最後に、比較をする

比較にあたりは、下記の様な表を作ってみるのがいいと思います。

2人旅、1日当り プーケット バリ セブ
旅程 12/11(水)~12/15(日)
航空券 35,000円 45,000円 37,000円
ホテル 53,000円 65,000円 86,000円
食費

 (4日分の概算)

16,000円 16,000円 16,000円
その他費用

(交通費など)

10,000円 10,000円 10,000円
合計 114,000円 136,000円 149,000円
備考 ・エアアジア

・ヒルトンプーケット

・香港航空

・グランドハイアットバリ

・セブパシフィック

・モーベンピック マクタンアイランド

備考2 ■航空券:Skyscanner

■ホテル:Expedia

にて検索


こうやって表を作ってみると、値段と宿泊先が一目で比較できます。

価格が安いところとなると、プーケットになります。

セブはホテル代が高かったので、ホテルのグレードを落としてみてもいいと思います。

こうやって検索サイトを駆使することで、よくあるパッケージツアー以上のオリジナルの旅行を組むことができます。パッケージツアーはたまに激安のものもありますが、基本的には自分で旅程を一から作ったほうが安く、満足度の高い旅行になります。

■ホテル予約は?

基本的には、エクスペディアが安いので、エクスペディアでの予約でいいと思いますが、trivagoを使ってホテル料金を比較してから予約してもよいと思います。

■航空券は?

skyscannerで比較し、飛行時間、経由回数とコストを天秤にかけて選択すればいいと思います。

安い順だと、LCC(AirAsiaなど)–>中華系レガシー(中国東方航空など)–>現地レガシー(タイ航空など)–>日系レガシー(JAL/ANA)

な感じかと思います。

補足1)両替はどこでする?

基本的に、両替は日本の空港でやるよりも、現地の空港でやった方がお得です。

少々不安だよというケース以外は、現地についてから空港や街の両替店での両替をおすすめします。

例外は、ドルとユーロで、この通貨は日本の空港や両替ショップで両替を行いましょう。

 

補足2)パスポートの保管

パスポートは、東南アジアの国であればコピーで通用するケースが多いです。

とても大事なものですので、ホテルの金庫に置いておきましょう。海外でパスポートをなくすとゲームオーバーでとてもめんどくさいです。

 

補足3)体調管理を徹底

上記に挙げたようなビーチスポットに行くと、室内と屋外の気温の差が大変激しいです。あと、日本よりも衛生面が劣るので、耐性のない僕たち日本人は、体調を崩してしまいがちになります。

睡眠をしっかりとって、栄養剤なども飲むなどして、体調面管理を徹底することをおすすめします。

補足4)現地での交通手段は?

Taxiよりも最近はGrabやUberがベストです。

使い方はまた別の記事で紹介したいと思います。

 

では。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました