【重要】嫌いな仕事はすぐに終わらせた方がいい

雑記

嫌いな仕事こそ、最速で終わらせるべき

嫌いな仕事ってありますよね、私は定期報告の仕事が大嫌いです。

そんな仕事は適度に手を抜き、好きな仕事をする時間やプライベートな時間の充実を目指すべきだと思っています。

この記事では、嫌な仕事ほどすぐに終わらせた方がいい理由と、その方法を解説していきます。

■嫌いな仕事はすぐに終わらせるべきだと思う理由

それは、嫌いな仕事に取り組んだプロセスや時間よりも、結果が重要視されるから。まず、嫌いな仕事に取り組んで偉いねと言われることはありません。そんなことがあっても、小学生で終わりですよね笑

社会人の我々は、嫌い嫌いと言いながら長時間仕事をしても、そのプロセスを評価してくれることはありません。仕事の好き嫌いにかかわらず、適切なアウトプットが求められます。

それに、自分が好きな領域、あるいは得意な分野の仕事を頑張った方が全体として効率があがるし有意義。

嫌いな仕事はさっさと終わらせましょう。

さらに、ストレスが大きな仕事を長引かせては、仕事に対するモチベーションが落ちてしまうのです。

昔の自分を思い返してみると。。。

僕は以前は、仕事の優先順位をつけるのが苦手でした。
依頼された仕事を優先順位がなく、振られた順番通りや、気分で好きな仕事のみに手を付けていました。
そして、さすがにやらないとまずいかなという状況になってきて初めて、嫌いな仕事をちょっとづつやる。。。
やっとのことで嫌いな仕事が終わるのは、依頼されてからかなりの時間がたってから。
さらに、嫌な仕事だということで、気分もあがらず、完成度もとても低いものに。。。

報告する時にはすでに遅く、上司にはできない人間だというレッテルを貼られてしまします。
こんなことをしていては、自分の精神状態が悪くなるだけでなく、会社にとっても不要な人間になってしまいます。
その結果、昇進も遅くなり「自分はできない人間だ」となってしまい、自己嫌悪に陥ってしまいます。

では、嫌いな仕事が嫌いである理由は?

進め方がわからない、進め方がめんどくさい仕事のこと。
つまり、精神的な負担が大きい仕事や、大勢の人が関わっていて、決めることが多い仕事=調整が多い仕事が、嫌いな仕事だと言えます。

もちろん、中にはそんな仕事こそ燃える!という方もいると思いますが、一般的にはそのような仕事は、嫌いな仕事に分類されるかたが多数。

では、嫌いな仕事を片付けるためには?

  1. まずは、終わりまでのスケジュールを引き、これでやりますと上司や周りに宣言。こうすることで、自分に締め切りを設定します。そのうえで、そのスケジュールでは遅いと言ってくる場合には、その場で上司と調整します。
  2. 一気に終わらせる。
    仕事を細分化するのではなく、一気に片付けます。
    ちょっとづつやってしまっては、気になってしまって好きな仕事に影響を与えてしまうからです。また、分割していては非効率です。
  3. 自分で考える部分を最小限にする。
    仕事のコアになる部分は、やはり自分で考えるべきだと思いますが、それ以外のフレーム(フォーマット)の部分は、過去資料から引っ張り出してきてマネてしまってOKです。
    それでも全然進め方がわからないという場合は、仲のいい先輩や上司に進め方を相談することをおすすめします。でも、頼れる人はいないよという方。今は得意を売り買いするサービスもありますので、こちらを利用するのも手かと思います。(くれぐれも、情報流出には気を付けてください!)

そこまでできたら、ほとんど仕事は終わったも同然。
あとは早い段階で、遅くともスケジュール通りの日程感で報告に臨みます。

なお、報告の際に指摘されたことはメールで回答してしまってもOKだと思います。

または、ちょっといいですかと言って、上司のいるデスクで直接報告してしまうのも手です。できれば、立ち話的に報告できるのが理想です。

わざわざ部屋を予約して報告会形式にしてしまうのは、聞く側もいろいろと構えてしまって、「何か言わないといけない」との責任感や威厳から、細かいことまで言ってしまうのです。

重要であればいいですが、重箱の隅をつつくような指摘であれば、回答を用意する気が失せますよね。

このように進めることで、精神的にストレスがかかる時間を最小限にすることが可能。
健全な状態で仕事を進めることができます。

そして、浮いた時間は好きな仕事をしてもいいですし、休憩(サボって笑)してもよいのではないかと思います。

だから、嫌いな仕事は手を抜き、スピード感を重視して終わらせることが大事だと思うのです。

このように、嫌いな仕事は自分なりの仕事の流し方を用意しておくことで、仕事を進めやすくできるのです。

また、嫌いな仕事は、一度乗り越えることで克服することもできます。

もちろん、この方法がすべてではありません。最終的には、この方法を試しつつ、自分なりの仕事の進め方を探して欲しいと思っています。

私はこの方法で、嫌いな仕事に対処しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました