【不要】都内ではクルマがあったほうがいい?

Uncategorized

■都内でクルマ、本当に必要?

都内に住んでいると、クルマが必要かどうか迷いませんか?確かに、あると便利なものの、高額な維持費に悩んでしまう。こんなに維持費が高いなら、普段は電車でいいし、遠出ならレンタカーやカーシェアでいいのでは?と思ってしまうあなた、今回は、都内でクルマを維持して必要があるかどうかについて考えてみます。

この記事では、クルマの保有と非保有のメリットをお伝えできればと思います。

■なぜ、クルマを持つの?クルマを持つ理由とは?

クルマを持つメリットは、自分の好きな時に、好きな場所へ意のままに行けることに尽きると思います。まさに、移動の自由を謳歌するためには、クルマを持つことは必須といえます。例えば、レンタカーを例にとってみると、24H貸し借りできるのは稀ですよね。レンタカーのカウンターは空いていません。

つまり、ここで移動の自由が奪われるということになります。

ということは、意のままに移動する自由がないということになります。

逆に言うと、いつでも、自分の意のままにどこへでも行けるというのがクルマを所有することの最大のメリットと言えます。

■では、クルマを都内で維持するのにかかるお金は?

おそらく、平均的なクルマの維持費は、月々のローン支払いは4万円、駐車場代が3万円、ガソリン代が1万円、保険代が5千円、車検やメンテナンス費、自動車税の月割りが5千円ぐらいではないでしょうか。つまり、全部を足すと9万円/月ぐらいかと思います、ということは、年間で100万円程度の出費です。

一般的なサラリーマンであれば、週休2日かと思いますし、休日以外はクルマを使うケースってあまりないと思います。

このケースで、仮に毎週カーシェアを使った場合を考えてみます。

例えば、Timesカーシェアであれば、1泊2日で14,000円というパックがあります。

走行距離を200Kmとすると、16円×200=3,200円となります。

つまり、1回の貸し出しあたり、17,200円となります。

これを月に4回利用したとすると、17,200円×4=68,800円となります。

あれ、9万円と比較すると安くね?となります。しかも、毎週使うケースというのは存在しないと思うので、仮に自動車を使う確率を50%として考えると、半額の34,400円になってしまいます!

■経済的な合理性を求めるなら、クルマは不要かと思います

もちろん、この記事を読まれている読者がクルマが好き、クルマが趣味であるといった方なら、クルマを持つべきだと思います。趣味に没頭できることは素晴らしいことだと思うからです。

しかし、経済的な合理性をもとめるなら、普段は電車通勤であるかたであれば、都内でクルマは不要なのではないでしょうか?

仮に、浮いたお金が5万円/月あれば、自己研鑽に使えるお金が増えますし、老後のための貯金も増えます。お子さんがいらっしゃる方であればお子さんのために使うこともできます。

■都内でクルマを持つべき人は

もちろん、クルマを持った方が良い方もいます。電車通勤ではない人や、あるいは電車通勤にしても、なにかしらでクルマを頻繁に使う方であれば、クルマを持つ経済的な合理性があるからです。先ほどの計算で、レンタル料金が9万円を超える方であれば、逆に持つべきとも言えます。しかも、移動の自由も得ることができます。また、所有欲を満たすことができます。

■私なりの結論

都内で一人暮らしのかたであれば、ほぼほぼクルマは必要ではないかと思います。

ただし、家族がいらっしゃる方(特にお子さんをお持ちの方)は、クルマを持つのとクルマを持たないことを比べてみてもいいかと思います。仮に、不要と判断した場合は、それだけで毎月の維持費から解放され、経費が削減でき、心の余裕が生まれます。

必要な場合は、都内であれば近くにカーシェアがありますので、それを有効に使うという手もあります。また、カーシェア車両は、入れ替わりが頻繁で、比較的新しいクルマに乗れるというメリットもあります。とはいえ、どうしてもクルマを所有したいということであれば、もちろんその限りではありません。

クルマを所有する経済的なメリットがあるか、趣味でクルマを持ちたい人でなければ、一度クルマの所持の必要性について考えてみてもよいかもしれません。

 

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました